2011年05月

暇さえあれば、「楽しむ」ということをモットーに伊豆と言うフィールドで、ファミリーで釣りを楽しんでいます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、改良した餌木を持って、テスト釣行に行ってきました。

テストするには持って来いの場所。先日行った「大黒海釣り公園」。

現地に着き、状況を聞くと、すでにこの間よりも釣れなくなってきているとの事。

甲イカの反応はいかに!

シャクリ初めて1時間。

アタリますが、乗りません。

餌木のバリエーションは3種類しかないので、

この3種類をローテーションして攻め続けます。

しばらくして、乗りました。

ハンドメイド餌木 マーブルベース
初の獲物は、これ↓
1.jpg

やっと、釣る事ができました。 甲イカですけど・・・。

アタリはあるのですが、乗り切れません。

バラシ多数。

結局、釣果はこの1匹のみ。

今回の釣行の目的は、シャクリ感、ダート等の確認がメインでしたが、

シャクリ感も以前に比べ軽くなり、ちょうど良い。

ダートもかなりの幅でしてくれました。

ノーズが細い分、1回のシャクリの移動幅が大きくなりました。

とりあえず、この餌木で量産していこうと思います。

あとはカラーバリエーションを増やし、

今度は本命のアオリイカを狙いたいと思います。

世代を問わないレジャー「釣り」のことならフィッシング遊















スポンサーサイト
今までの餌木は、シャクった時の引き重りや、ダートしにくいなどの欠点がありました。

ブランクから型を起こし直し、前回の良い点のヘッドのシャープさを残しつつ、改善。

重さも以前の20gから19gに変更し、個体差もほとんどなく、量産できる体制を整えました。

更に、鹿児島にある餌木用に作られている「布」を取り寄せました。

この布、すごいんです。

下布と上布があり、どの柄を組み合わせようか、かなり悩んでしまいます。

とりあえず、3パターン完成。
�マーブルベース
6.jpg
�赤ベース
4.jpg
�金ベース
___20110524215750.jpg

いい感じです。

釣りにいけない日はコツコツ餌木作り。結構楽しいです。

もう少しバリエーションを増やし、今度はテストに行こうと思います。

世代を問わないレジャー「釣り」のことならフィッシング遊















ここのところ、釣果に恵まれてなく、欲求不満ぎみなので、

情報を頼りに昨日、今話題の「大黒海釣り公園」へ家族で行ってきました!

オープンが朝6時のようなので、早めに到着。

オープンまで期待を胸に、地元の人から情報を得て釣り座を確保します。

今日は、家族での釣行なので、私は子供の世話係です。

釣り開始まもなく、早速、子供の餌木にアタリです。

1匹目

早速「甲イカ」、ここでは「シリヤケイカ」をゲット!

噂は本当のようです!

たて続きに私の竿にも乗りました。

2匹目

朝のうちはアタリが頻繁にあり、またまた子供の餌木に乗りました。

3匹目

やっぱり釣れると楽しく、子供も一生懸命シャクリます!

4匹目

またまたヒット!

5匹目

お昼を過ぎて、ここでは、「オレンジカラー」が良いようで、

かみさんは餌木を変え、ようやくヒット!

7匹目

夕方、満潮が近づき、潮の流れが変わったところで、子供にヒット!

子供は相変わらず、「アジカラー」。お気に入りの餌木になったようです。

8匹目

私も「アジカラー」に変えたら、すぐさまヒット!

9匹目

ここでは、「アジカラー」を使用している方がいなかったのでそれが良かったのかも知れません。

ちなみに、「鰯カラー」や「ネンブツカラー」も投げてみましたが、やっぱり「アジカラー」が

良いようでした。

ここまでの釣果、合計10杯。

洋服も墨だらけ。もう満足。

捌くのは私の仕事で、夕ご飯の支度をしないといけないので、ここで終了。

子供は、また来たいと大満足。

いつまで、この釣果が続くかわかりませんが、また機会を見つけて行きたいと思います。

早速、今夜のおかずは、「甲イカ尽くし」。

「お刺身」、「天ぷら」、「塩辛」にしておいしくいただきました。

イカ尽くし2

「甲イカ」は初めてでしたが、「天ぷら」最高です!

ストックができるほど、釣果を上げる事ができ、楽しい釣行となりました。

次は、「アオリイカ」が食べたい・・・。

世代を問わないレジャー「釣り」のことならフィッシング遊















昨日、仕事を終えたのが夜10時。

明日はお休みなので、一路海へ向かいます。

目的はもちろん、ハンドメイド餌木のテストです。

もちろん、今回持参したのも、ハンドメイド餌木のみ。

__.jpg

とりあえず、通いなれた堤防へ向かいます。

ここで知り合ったエギンガーさん1名。三浦で釣ってきたようで見せてもらうと600gくらいでしょうか。

今日はいけるかも・・・!?

堤防へ着くと、結構うねりがありますが、久しぶりなので、期待を胸に第一投。

1時間くらいシャクるもアタリなし。

そうこうしている間にエギンガーが続々とやってきます。

この堤防も以前はこんなに人はいなかったのに、最近のエギング人気はすごいですね。

私はテスト名目なので、場所を譲ろうと場所を移動します。

今日は日の出が4時45分、満潮7時、小潮。

満潮までと思い、シャクリ続けること3時間。

一向にアタリがないまま、周りが明るくなってきました。

3.jpg

いい雰意気です!

と、ここで待望のアタリを感じ、慎重に合わせます。

ずっしりとした重量感。

手前まで寄せると、1kg以上はありそうです。

ですが、カンナには足一本。

慎重にやり取りをしたつもりだったのですが、痛恨の身切れ。

_.jpg

まあ、でもハンドメイド餌木にアオリイカが反応してくれる事が判明し、収穫の日となりました。

これから、最盛期に入ってくると思いますので、

当面の目標は、「ハンドメイド餌木」で釣果を上げる事。

餌木の改良、増産をし、再チャレンジします!

世代を問わないレジャー「釣り」のことならフィッシング遊















 | Copyright © 伊豆の堤防釣り日記 All rights reserved. | 

まとめ / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。